レースの生地が人気のワケとは?【用途や種類も様々】

Menu

使いやすくおしゃれ

トルソー

柄や色の種類が豊富

いつの時代でも、レースは大変人気のある生地です。主に夏場に活躍する生地に見えますが、使い方によっては1年中大活躍する種類のレースもあります。まずレースには豊富な柄の種類があります。よく見られるのはパイナップル柄や花柄、網目模様といったものになります。パイナップル柄は大柄で見た目が華やかなため、テーブルクロスなどの大きな製品に使われることが多いです。花柄はピアノカバーやクッションケースなど、インテリアとして活躍するのが特徴です。網目模様はレースの基本といっても良い模様なため、衣類や雑貨に欠かせません。そしてもう1つ、レースを扱う際に忘れてはならないのがその生地です。どんな太さや材質の糸で編まれたのかによって、生地自体の強さが大きく変わってくるからです。例えばテーブルクロスのように大きく、日常的に力が加わるインテリアにはアクリルのような強い糸を使った生地が必要です。肌触りも求められるクッションやカーテンには、レース糸やウールの混ざった糸を使うこともあるでしょう。太めの糸で編まれたレースは繊細ながらも暖かみがあり、1年を通して利用することができる優れものです。レースはその使われ方によって、それぞれの製品の特徴に合わせた生地が使い分けられています。これにより気に入ったアイテムを長く使い続けることができるのです。柄や色の種類の豊富さもさることながら、普段使いのしやすさも長年愛されている秘訣といえるでしょう。